うんちが臭いのを解消するには・・・

おなかの調子で悩んでいる人は数多くいます。
男性の多くはおなかを下しやすく、下痢のような症状で悩んでいる人が多いのですが、女性はその逆で、便秘に悩んでいる人が多いです。
さらに進行するとうんちが臭くなったりもします。

では便秘はなぜおこるのでしょうか?

その原因はさまざまだといわれていますが、運動不足や生活習慣の乱れ、食生活の乱れ、ホルモンバランスなどがあげられます。
また心理的なものも原因となることが多いといわれています。
たとえば普段は毎日排便があるにもかかわらず、旅行先や出張先では便がでなくなってしまうのです。
いつもと同じように生活しているつもりでも、環境の変化は人に対してかなりのストレスとあたえ、それが症状となってでているといってよいでしょう。
ですから、仕事や人間関係などのストレスも同じように便秘をひきおこす原因となる可能性があるといわれています。
便秘をしにくくするためには、ストレスをためすぎず、規則正しい生活をする必要があります。
毎日栄養バランスの整った食事をし、適度な運動をし、しっかりと睡眠をとりましょう。

食生活の改善は腸の調子を整えるのに大変効果的です。
食物繊維を多く含むマメ類、イモ類、キャベツ、ゴボウ、きのこ類、セロリ、海藻などを積極的に摂取するようにするとよいでしょう。
また、乳酸菌はおなかの調子をととのえてくれますので、ヨーグルトや乳酸菌飲料を飲むのもよいでしょう。
それから、寝る前と朝の起床後に白湯をのむのもよいです。
腸の動きを活発化させることができます。
そして朝ごはんはしっかりと食べるようにしましょう。
朝ごはんを食べることによってしっかりと腸を刺激し、便をでやすくさせます。
便意がなくてもトイレに行き、座るとよいでしょう。
毎日同じ時間にトイレに行き、排便をする習慣をつけると効果的です。

食生活のほかにはお腹のマッサージも効果的です。
お腹を湯たんぽやホッカイロなどであたため、オイルをぬっておへそのまわりをのの字を描くようにゆっくりとマッサージしましょう。
腸の動きを助けるため、便がでやすくなります。
便秘は大事にはいたらないかもしれませんが、女性にとっては深刻な問題です。
便秘が続くと油臭い体臭がしたり、肌荒れをおこしたりします。食欲は減退しますし、お腹の膨張感、ハリは大変不快なものです。
どうしてもという場合はお薬に頼るという手段もありますが、お薬は体への負担が強く、飲み続けているとお薬に依存しすぎてしまい、お薬がないと便がだしにくくなってしまいますので注意が必要です。
参考:油臭い体臭に効く石鹸・ボディソープ人気ランキング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>